Gathering Base
Build Your Favorite

嵐の伝令シュートは成長を続ける

史上最大のオーラという夢が見事に空振りしてしまった嵐の伝令シュートですが、進化の余地はまだ残されています。

デッキリスト:嵐の伝令シュート

クリーチャー:13
4:《面晶体のカニ/Hedron Crab》
4:《縫い師への供給者/Stitcher’s Supplier》
1:《タッサの神託者/Thassa’s Oracle》
4:《嵐の伝令/Storm Herald》

呪文:28
4:《有毒の蘇生/Noxious Revival》
1:《暗黒破/Darkblast》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《強行+突入/Breaking+Entering》
4:《不可思の一瞥/Glimpse the Unthinkable》
1:《急進思想/Radical Idea》
4:《発掘/Unearth》
2:《防護の泡/Protective Bubble》
4:《エルドラージの徴兵/Eldrazi Conscription》

土地:19
1:《島/Island》
3:《沼/Swamp》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《闇滑りの岸/Darkslick Shores》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
2:《湿った墓/Watery Grave》
3:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
3:《湿地の干潟/Marsh Flats》

サイドボード:15
3:《否定の契約/Pact of Negation》
3:《致命的な一押し/Fatal Push》
4:《残響する真実/Echoing Truth》
2:《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
3:《夢を引き裂く者、アショク/Ashiok, Dream Render》

弱いコンボパーツを外す

5枚しか削れない上に他の役割を持てない秘本掃きは、1枚のカードにリターンが見合わないと判断しました。

また、1枚で仕事をしない驚異的な成長と熟達した戦いは外し、オーラはエルドラージの徴兵4枚のみに絞りました。

前方確認の思考囲い

思考囲い

コンボパーツを減らしたことで若干の速度低下が予想されるため、最小コストで相手の妨害ができる思考囲いを採用しました。

墓地対策や打消しなど、相手の妨害カードを先回りで落とす役割も期待できます。

マナなしで仕事ができる発掘

暗黒破

このデッキは3ターン目にコンボの達成を目指すため、カードよりマナが足りなくなるケースが圧倒的に多いです。

そのため、マナなしで墓地を肥やせる発掘カードは入れ得です。手札にはほしくない上に、墓地へ勝手に落ちるため、1枚で十分。

臭い草のインプと迷うところですが、今のところは手札に来ても処理しやすく、除去や縫い師の自殺などほかの役割も持てそうな暗黒破を採用しています。

オーラ直引き対策になる再活

このデッキを使っていて1番ストレスがたまるのは、オーラカードが手札に来てしまうこと。オーラの絶対枚数を減らしたため、手札に来てしまった時のダメージは前よりも大きくなりました。

…しかし、粘り強く解決策を探したところ、先日ついに天啓が!!

墓地から撃てる、低コスト、手札の枚数が減らないなど、どこをとっても非の打ち所がない超優秀カード。Wisdom Guildのカード検索は本当に便利ですね。