Gathering Base
Build Your Favorite

嵐の伝令は「へんしん」を覚えた

ワシの嵐の伝令/Storm Heraldシュートは108式まであるぞ…。

軽い妨害に弱く、安定的に勝てない状況を打破するために試行錯誤中。今回のテーマは、サイドボードを使ったライブラリーアウトへの変身機能。

墓地対策をはじめとして天敵になるカードが結構多いため、プランを丸ごと変更して対策カード全部かわす方が効率よいと考えて、このバージョンを試した。

デッキリスト:嵐の伝令シュートマーク3

土地:21
 1 血の墓所/Blood Crypt
 4 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
 4 闇滑りの岸/Darkslick Shores
 4 汚染された三角州/Polluted Delta
 2 沼/Swamp
 3 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
 3 湿った墓/Watery Grave

クリーチャー:8
 4 面晶体のカニ/Hedron Crab
 4 嵐の伝令/Storm Herald

スペル:31
 4 秘本掃き/Tome Scour
 4 発掘/Unearth
 4 不可思の一瞥/Glimpse the Unthinkable
 4 強行+突入/Breaking+Entering
 2 回生+会稽/Revival+Revenge
 4 思考掃き/Thought Scour
 1 熟達した戦い/Battle Mastery
 2 防護の泡/Protective Bubble
 2 驚異的成長/Prodigious Growth
 4 エルドラージの徴兵/Eldrazi Conscription

サイドボード:15
 4 書庫の罠/Archive Trap
 3 彼方の映像/Visions of Beyond
 4 精神の葬送/Mind Funeral
 4 催眠の宝珠/Mesmeric Orb

…が、まったくうまくいかない。主な欠点は三つ。

そもそもライブラリー破壊モードが弱い

メインが3ターン目のコンボ始動を目標としているため、秘本掃き/Tome Scourなど軽い代わりに削る枚数の少ないカードが多く、60枚が全然削り切れない。普通のライブラリーアウトが搭載している妨害カードを積むスペースがなく相手の邪魔もできないため、毎回速度勝負になって毎回負けている。

メインの動きも鈍くなる

上記の欠点を緩和するため、思考掃き/Thought Scourを入れてデッキを濃くしようと試みたが、逆にメインの速度が落ちる始末。キープ基準も厳しくなるという本末転倒ぶり。

結局ジャンドに勝てない

どちらのモードでも1マナハンデスで一番強いカードを落とされるとプランがめちゃくちゃになる。

というわけで、このモードは追及するのをあきらめようと思っている。ライブラリー破壊を普段から使っている人がやれば、もう少しまともに戦える構成になるのだろうか。

…と、ここまで書いたところで、墓地対策をかわすことばかり考えていて、どういう相手に、何のためにモード変化を使うのかというプランが一切ないまま進めていたことに気づいた。相手をびっくりさせるだけならそれでも良いが、勝ちたいのであれば明確な意図をもってプランを立てる必要がある。メインの有利不利や負け筋を改めて分析するところから始める必要がありそうだ。