Gathering Base
Build Your Favorite

嵐の伝令シュートの使い方

この記事では、嵐の伝令シュートで重要な序盤戦の動き方と細かい小技を、自分用に記録します。

過去のバージョンでは、ひたすら切削を繰り返し、落ちるカードの巡り合わせをお祈りするだけの一直線デッキでしたが、ヴリンの神童、ジェイスを採用したことでゲーム中の選択肢が増えました。そのため、複数のルートから効率のよい手順を選び、妨害対策とのバランスを取りながらプランを進めることが重要になっています。

サンプルリスト:嵐の伝令シュート

クリーチャー 12
4 面晶体のカニ/Hedron Crab
4 ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy
4 嵐の伝令/Storm Herald

呪文 27
4 コジレックの審問/Inquisition of Kozilek 
2 思考囲い/Thoughtseize
4 発掘/Unearth
4 不可思の一瞥/Glimpse the Unthinkable
4 強行+突入/Breaking+Entering
4 有毒の蘇生/Noxious Revival
1 防護の泡/Protective Bubble
4 エルドラージの徴兵/Eldrazi Conscription

土地 21
2 島/Island
2 沼/Swamp
3 湿った墓/Watery Grave
2 血の墓所/Blood Crypt
4 汚染された三角州/Polluted Delta
4 沸騰する小湖/Scalding Tarn
4 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire

サイドボード 15
1 タッサの神託者/Thassa’s Oracle
4 集団的蛮行/Collective Brutality
2 大群への給餌/Feed the Swarm
4 削剥/Abrade
4 魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass

マリガンチェック

弱い手札をキープするとゲームにならないので、ゲームプラン遂行が怪しい場合は積極的にマリガンします。

マリガン条件①:オーラ呪文がある

このデッキにおいて、オーラが手札に来ることは最悪の事態です。手札の実質枚数もライブラリーの当たりも減るため、それだけで一気にデッキの動きが悪くなります。たとえジェイスがあっても許容できません。

マリガン条件②:土地が1枚以下

土地が3枚必要なデッキなので、初手に1枚しかないと途中で止まる可能性が高いです。後手のダブルマリガン後なら、土地1枚でもやむなく始めることはあるかもしれない、といったレベルです。

マリガン条件③:切削呪文が1枚以下

このデッキは、とにかく墓地にカードがたまらなければ動きません。初手に切削呪文が1枚しかないと、必要なカードが全く落ちずに機能不全に陥ってしまう可能性が高いです。

なお、2マナ切削呪文と同時にいる場合のみ、ジェイスも2枚目の切削呪文としてカウント可能です。

マリガン条件④:フィニッシャーがいない

フィニッシャーも初手に1枚欲しいところです。

ただし、この条件は他よりも劣後します。切削呪文が十分あるなら、デッキにフィニッシャーカウントできるカードが16枚もあるからです。他の部分が完璧なら、これだけでダブルマリガンはしない方がよさそうです。

1ターン目

1ターン目に取りうる行動はハンデスかカニです。両方手札にある場合、基本的にはハンデスが優先です。

ただし、カニが2枚ある場合は、1ターン目にカニ、2ターン目に2枚目のカニを出してからフェッチで最大12枚落としつつハンデス、という手順の方が速くコンボが完成します。対戦相手の妨害が2ターン目ハンデスでも間に合うと断定できる場合や、そもそも墓地対策を持っていない可能性が高い初戦はこちらを選択します。

また、手札にハンデスがなくカニだけある場合、1ターン目にカニを出すべきかの判断が必要です。3ターン目までのゲームプランを確認し、返しのターンでカニが除去されても困らない場合は出します。

カニを出すべき場合

  • カニが2枚いて、返しに片方除去されても問題ない場合
  • 2マナ切削呪文が2枚あり、除去されても3ターン目までスムーズに動ける場合
  • 切削呪文はあるが釣り竿がなく、カニをおとりにしてジェイスを通したい場合

カニを温存すべき場合

  • 2マナ切削呪文が1枚以下で、カニで確実に切削したい場合
  • ジェイスを通したいが、切削前にカニが除去されるとジェイスが裏返らなくなる場合

なお、次ターン以降の展開を考えると、1ターン目の土地は湿った墓を置くのがベストです。1ターン目がハンデスだからといって沼を置いてしまうと、次のターン引いたカニを無駄にしてしまうかもしれません。

2ターン目

まず、1ターン目でカニを温存している場合は、カニを出して即座にフェッチを切ります。手札に発掘がある場合は、フィニッシュチャンスを逃さないよう、黒1マナが出せるようにしておきます。

そうでない場合、基本的には2マナ切削呪文かジェイスの選択になります。

発掘、嵐の伝令、有毒の蘇生がすでに手札にある場合は、ジェイスより先に切削呪文で掘り進めてコンボ完成を狙います。ジェイスは最速の行動を妨害されたときのサブプランとして温存しておきましょう。

反対に、手札にフィニッシャーがない場合は、ジェイスを先に出しておいて、次のターン不可思の一瞥からジェイスを裏返して墓地の発掘でフィニッシュという手順を選択します。

小技集

タイトなプランを取るデッキなので、細かい点を間違うと詰め切れなくなるケースがあり、注意が必要です。

ジェイスはギリギリまで裏返さない

ジェイスの召喚酔いが明けたからといって、すぐに裏返すのは禁物です。

変身前に対応して除去されたり、早く変身しすぎて相手クリーチャーの攻撃で忠誠度を減らされないよう、墓地の再利用が必要になるまで我慢しましょう。ドローが進むほど、表面のルーター能力も価値を増します。

どの道墓地再利用能力は1ゲームに1回しか使う暇がないため、焦らなくても大丈夫です。

フェッチはカニの誘発型能力解決前に起動する

このデッキに、フェッチでサーチできる土地は9枚しか入っていません。必要な色の土地が切削で墓地に落ちてしまわないよう、誘発型能力が解決する前にサーチしましょう。

わずかではありますが、ライブラリーの枚数が減ることで当たりが落ちる確率も上がります。

相手の妨害を把握する

モダンでは妨害カードの種類も多様なため、各デッキに搭載されている妨害カードを把握しておくことが大切です。そうすることで、マイナーデッキならではの情報格差をフル活用できます。

そもそもの前提として、どんな場面でも撃たれる前にハンデスで落とすのがベストなのですが、サイドボーディングや攻めるタイミングの精度を上げるため、撃たれた場合の対処方法も理解しておきましょう。

墓地対策

墓地対策は嵐の伝令シュートに最も効果的で、どんな相手もほぼ確実に搭載している妨害です。

起動型能力タイプの墓地対策

  • トーモッドの墓所
  • 大祖始の遺産
  • 魂標ランタン
  • 虚無の呪文爆弾
  • 漁る軟泥
  • 夢を引き裂く者、アショク

軽いためハンデスが間に合いにくく、それでいてフィニッシュの瞬間をピンポイントに狙われるため、嵐の伝令シュートが最も苦手とするタイプの墓地対策です。無色のためどのデッキにも入る可能性があります。

着地後は針で刺すか、破壊するか、一度フィニッシュを見せて無駄打ちさせるかの3択になってしまいます。いずれの方法もアドバンテージを失いますが、仕方ありません。

漁る軟泥は緑マナの数しか追放できないため、着地後すぐに対処できれば、被害はそれほど大きくなりません。

呪文タイプの墓地対策

  • 外科的摘出
  • ケイヤの手管
  • 塵へのしがみつき
  • 貪欲な罠

土壇場まで手札に隠れているので読みにくいですが、起動型能力タイプよりもハンデスは効きやすいです。

外科的摘出は通るとゲーム終了ですが、ハンデスだけでなく有毒の蘇生でも回避可能です。ライブラリー破壊デッキは外科的摘出を乱発してくるため、第2の勝ち手段としてタッサの神託者を1枚仕込んでおきましょう。

置物タイプの墓地対策

  • 虚空の力線
  • 安らかなる眠り
  • 太陽と月の輪
  • 墓掘りの檻

着地後は破壊するまで動きづらくなります。虚空の力線や太陽と月の輪は着地前のカードには触れられないこと、墓掘りの檻は嵐の伝令素撃ちには対応できないことは覚えておきましょう。

ちなみに、虚空の力線が増えることは環境で墓地利用デッキのマークが厳しくなっている兆候です。よく見かけるようになったら環境的には逆風なので、しばらくは別のデッキを使った方がいいかもしれません。

インスタント除去

速攻で殴るためソーサリー除去は全く効きませんが、インスタント除去には注意が必要です。

  • 稲妻
  • 四肢切断
  • 流刑への道
  • 致命的な一押し

インスタント除去を使われるときは、嵐の伝令が着地してから誘発型能力が解決するまでと、オーラをつけてから攻撃するまでの2回、妨害の余地があります。

前者のタイミングで飛んでくる除去は、嵐の伝令自身が除去されても、他に召喚酔いの解けたクリーチャーが1体いればそちらにオーラをつけられるため問題ありません。ダメージやマイナス修正などのタフネスに依存した除去はこのタイミングでしか使えないため、相手が赤や無色の場合はこの対応で十分です。

他方、後者のタイミングで除去を撃たれると、回避が難しい上にオーラも追放される最悪の展開になります。相手が白や黒の場合は、他のクリーチャーを用意するだけでなく、防護の泡を使ったり、オーラを複数枚落として2体に分散したりといった追加の対応が必要となります。

打消し

打消し呪文も様々ありますが、正直こちらから対策としてできることはあまりありません。

強いて言うなら、フィニッシュ手段を発掘よりも打ち消しにくい嵐の伝令素撃ちにするよう心掛けたり、1ターンに2アクションとれるまで仕掛けるのを待つなどが考えられます。

妨害系の置物

  • 血染めの月
  • 倦怠の宝珠
  • 罠の橋

血染めの月は、割るよりも基本土地をそろえて腐らせたいところです。

罠の橋や倦怠の宝珠は、着地してしまったら割らないとどうしようもありません。