Gathering Base
Build Your Favorite

マンハッタンでお土産を探そう

あなたは、旅行先でどうやってお土産を選ぶだろうか。空港なり観光地の土産物屋を適当に見て回り、それなりにその土地っぽさがあって、小綺麗な小分けできるお菓子を買うという方は多いと思う。私もそうだ。

しかし、ニューヨーク、とりわけマンハッタンでその方法は一切通用しない。なんの面白みもないマグネットやI❤NYグッズなど、大人が配るのはためらわれるほどのチープなアイテムの大群に吐き気を催しながら、土産物屋行脚に無駄な時間を費やすことになる。

ここでは、そんな悲しき被害者を少しでも減らせるよう、マンハッタンで私が廻ったお店を紹介する。配る相手にあわせて狙いを絞り、効率的に買い物を済ませてほしい。★の数が多いほどおすすめであることを表す。なお、タイムズスクエアに山ほどある路面店は基本的に行く価値がないと思っていただいて構わない。

Dylan’s Candy Bar:ばらまき用 ★★★★★

18個入りで$15と安い小分けのチョコレート詰め合わせは、ばらまき用の模範解答といえる。ラルフ・ローレンの娘さんがやっているというエピソードもあって隙がない。

Dylan's Candy Barの店内

Mariebelle:特別な人に ★★★★★

様々なイラスト・味のチョコレートを自由に選んで箱に詰め、オリジナルのギフトが作れる。$15-30と少し値は張るが、特別な方への贈り物としておすすめ。お店の人がいい人で純粋に選ぶのも楽しいため、旅のいい思い出にもなる。

Mariebelleではショーケースから1粒ずつ自由に選んで箱詰めできる

Strand Book Store:女友達向け ★★★★☆

老舗の古本屋。店内で販売しているオリジナルのトートバッグはセンスよく、丈夫で使い勝手も良さそうなので、女性に喜ばれると思われる。1つ$10くらいなので、仲のよい友達に贈るのがよい。

Greenmarket:珍しいモノが見つかる ★★★★☆

Union Square Park では、月・水・金・土に Greenmarket が開催される。ハチミツや紅茶など、ほかでは買えない珍しいものが手に入るかも。

Chelsea Market:輸入品が多い ★★★☆☆

多くの土産物屋が所狭しと並んでいる。お店やアイテムの選択肢は一番豊富でおしゃれなものも多数見つかるが、ほとんどが輸入品であることに注意。

Zabar’s:面白さが伝わりにくい ★★☆☆☆

老舗の名物スーパーマーケット。自社ブランドを強く押し出していて、どの商品にもデカデカとお店のロゴが付いている。オリジナルグッズも多数取り揃えている。自分で見て回る分には楽しいが、人に買って帰っても伝わらないかも。