Gathering Base
Build Your Favorite

濁浪の執政に一目ぼれした

濁浪の執政+秘密を掘り下げる者

モダンホライゾン2のフルスポイラーが発表されました。ウィザーズが挑戦的なカードを多数投入してきたので、しばらくはメタが激変する慌ただしい環境になりそうです。

そしておそらく禁止カードも出るでしょう。モダンはカードプールが広くテストプレイが不可能に近いので、ある程度は仕方ないと思います。モダンプレイヤーとしてやるべきことは、好きなカードを使い続けることのみ。

私は濁浪の執政を使ってみたいと思っています。こいつに禁止はさすがになさそうだし。

令和に生まれ変わった墓忍び

濁浪の執政は探査持ちの飛行クリーチャー。素のサイズは3/3ですが、ソーサリー・インスタントを追放することでサイズが上がります。最大8/8で出せますが、2枚以上、5/5程度で出れば十分でしょう。

着地した後にサイズアップできる能力も追加されており、まさに強化版墓忍びといった性能です。このカードを中心に使うなら、ソーサリー・インスタントを大量に採用できるデッキを組みたいですね。

モダンでデルバーを組もう

ソーサリー・インスタントと相性の良い青クリーチャーと言えば秘密を掘り下げる者。レガシーではクロックパーミッションの代表格として長く環境を支配しています。モダンでは現状あまり存在感がないカードですが、濁浪の執政はデルバーのコンセプトにもぴったり合うカードなので、デッキを作ってみることにします。

濁浪の執政は序盤に撃てるカードではありませんし、複数枚引くと使い切れないので4枚は採用できないかもしれません。軽量スペルの質やクリーチャーの選択を考えると、必然的に青赤のデッキになりますね。

クリーチャーとしては、レガシーで禁止されている戦慄衆の秘儀術師を採用できることがポイントです。

ソーサリー・インスタントの質はさすがにレガシーには及びませんが、軽くてテンポアドバンテージをとれるカードでサポートしたいところです。

果敢との差別化が必要

現状、モダンの青赤デッキといえば青赤果敢です。デルバーとは共通するパーツも多そうなので、青赤果敢の劣化になってしまわないよう注意が必要です。おそらくどうやってもスピードはかなわないので、相手を縛れる点やアドバンテージを稼ぎやすい点で差別化することになると思われます。

リソースを全部つぎ込んでスピード決着を目指すバーンや果敢と、PWをマナ・カーブの頂点においてアドバンテージに寄せた青白コントロールの、中間的な位置づけになると考えています。

中途半端な性能にならないよう、どこを尖らせるかは回しながら考えていきたいです。